ROCK YOU!

今年のバレンタインデーは「ROCK」というコンセプトで貫いたBonbonROCKett。

BonbonROCKettのロゴは「ROCK」が大文字で強調されていますよね。
お気づきでしたか?

なぜ、BonbonROCKettのロゴには「ROCK」が強調されているのかという話に行き着くためには、おおよそ18年ほど年月を逆上る必要があります。

「ヒース・レジャー」というアメリカの俳優さんをご存知でしょうか?
映画「ブロークバックマウンテン」や「バットマン ダークナイト」などが代表作となります。
ダークナイトのジョーカー役でアカデミー賞助演男優賞を授賞されました。
(その時はすでにこの世にいなかったのですが)

そのヒース・レジャーが2001年に出演した映画が「ロックユー」です。
映画の舞台は中世のヨーロッパ。
貴族や騎士しか参加できない馬上槍の大会に、平民の子として生まれたウィリアムが、身分を偽って参加し成り上がっていくというお話。
中世という設定でありながらクイーンの「We will rock you」を馬上槍観戦の民衆が歌いだしたりと、ちょっと現代色を取り入れた演出がとても格好良い作品でした。

この映画で初主演を獲得したヒース・レジャーの意気込みと、彼が演じるウィリアムの「成り上がってやる!」という気迫がリンクして、その頃の僕の心を揺り動かした作品でした。
民衆が「We will rock you」を歌うシーンの字幕では「we will rock you」を「お前を揺り動かしてやる」という訳がされていたと思います。

その時、初めて「ROCK」とは誰かの心を揺さぶるという意味が含まれているんだと知りました。
僕はその頃、小さなケーキ屋さんで修行をしていたまだまだちっぽけな存在でしたが、いつか自分が作るもので、多くの人の心を揺り動かしたいと思うようになりました。

それから、僕の心の中のキーワードは「ROCK YOU!」になりました。
あれから18年経った今でも、その気持は忘れていません。
ケーキ屋修行時代よりは少しだけ、色々な事がわかる大人にはなりましたが、未だにちっぽけな存在です。
でも「ROCK YOU!」誰かの心を揺り動かす様な物を作りたいと思って止まないのです。

その気持をもう一度再確認すべく、店名にも「ROCK」、バレンタインデーも「ROCK」混ぜてみました。

BonbonROCKettの作った商品で貴方の心が少しでも揺り動いたら「ROCK YOU!」とコメント下さいね!


あわせて読みたい