月別アーカイブ: 2013年9月

パッケージマニアなのです。

僕は、おそらく(多分間違いなく)

パッケージマニアだと思います。

昔から、とてもかっこ良かったり、きれいだったりする

パッケージがあれば思わず中身関係なく買ったりしてました。

間違いなくパッケージマニア。

自分でお店を開くにあたり、パッケージや包装に関しては

妥協したくないという想いがありました。

自分が欲しい物を、形にする。

そういった感じで、商品を作っていきました。

BonbonROCKettのギフトパッケージはかなり大満足。

貼り箱にブルーのホットスタンプが、

とてもきれいにキマリました!

しかし、このパッケージマニア病

一つ完成すると、次の物が欲しくなる。

「クリスマスはこんな感じで!」

「バレンタインデーはこんな商品を、こんな箱に」

止めどなく「次」のイメージが出てくる。

自分では止められない感じ(笑)

いてもたってもいられなくなり

まだ、お店もオープンしていないのに作り始めた、次の企画。

少しだけ写真でリークしますね(笑)

わくわく感たっぷりのBOXになること間違いなし。

ご期待ください。


Cream Sandiesのある生活

もともと、お店を作るにあたって考えていた事。

それは、Cream Sandiesという商品を販売するだけではなくて

Cream Sandiesのある、豊かな生活をお届けする事。

ここでいう「豊かさ」は「裕福」とは違って、

Cream Sandiesが家庭にある事で、少しだけワクワクしたり

幸せになったりする、そんな感覚の事です。

人にプレゼントした時の、笑顔が自分を幸せな気分にさせてくれたり

パーティーに持っていって、どの味を食べるか皆で真剣に

考える、かぶったらじゃんけん大会!

そんな時間を楽しんだり。

だから、写真の中にも、Cream Sandiesの周りに流れる空気感みたいな

ものを表現したかったのです。

信頼できる、大好きなカメラマンの方とディレクターの方に相談し

制作中のカタログは、そんな僕の想いを十二分に満たしてくれる

仕上がりになる事間違い無し。

多くの写真の中の3枚だけ先走って掲載させてもらいました。

僕からの露出はここまで!

この先はBonbonROCKettのカタログで、体感してください。

配布開始はもう少し先になりますが、神戸六甲に足を運べない

方にもご請求いただける方法もご紹介しますので、是非

ブログ、Facebookをチェックしてください。


Cream Sandiesって結局何なの?

「Cream Sandiesって結局何なの?」

という素朴であり、当たりまえの疑問をお持ちの方が

たくさんいらっしゃるとの事で。。。

今日は簡単にCream Saidies(クリームサンディーズ)の 事を

書いてみます。

Cream Sandiesの形状をしっかりと、出したかったので

パッケージは、アルミ包装を選びました。

そして、Cream Sandies全てに貼る、ラベルシールを貼ってから

それぞれの商品をイメージした、フレーバーシールを貼ります。

フレーバーごとにナンバーがあるので、それも印刷しています。

写真はNo.02 ORANGE

アルミ包装をあけるとこんな感じ。

昔ながらのバターたっぷり配合のサブレで

バタークリームをサンドしています。

表面のサブレは、卵をしっかり塗って、照りを出してます。

そして、BonbonROCKettのイニシャル「B」を焼印で

入れています。

アルミに半分包んだまま、ハンバーガーの様に

パクッといって欲しいですね。

フレーバーにもよりますが

クリームの中にはドライフルーツなどが、練り込まれています。

バタークリームは冷蔵状態でしっかりと、固まってます。

でも、口の中ではとろりと、とろけるんです。

そして、全20種のフレーバーを用意しています。

どんなフレーバーがあるかは、またご紹介しますね!


ゆっくりコーヒーを淹れてスタートする一日

さて、コーヒーを淹れますか。

今日は、お店でゆっくり作業だったので、

ゆっくりとコーヒーを淹れてスタート。

小さなお店なので、コーヒーの香りがお店全体に広がります。

僕のハンドドリップの腕は、いまいちですが

豆が良いので、なかなかおいしくはいりました。

今日は、手伝いに来てくれた2名と僕の分で

3杯のコーヒーを淹れました。

添えたCream sandies は

No.27 Marron

まだ暑いとはいえ秋ですからね。

栗の粒とペーストがたっぷりと練り込まれたフレーバー。

甘さ際立つので、コーヒーとよく合います。

今日はRockett Booster Coffee LIGHTを淹れました。

日常使いに最適な軽さ。

パッケージはボストークというロシアのロケットをイメージしてます。

本当のロケットがパッケージなのですが、

我ながら少し笑えます。


ワクワクを買ってもらいたい

お菓子って、すごく洗練されているのも

悪くないのだけど、僕は少し手作り感が表に

でた感じの方が好きです。

Cream Sandies には手書きのプライスカードを添えたい、

と思っていました。

写真撮影の為に書いたものなので、プライスカードとしては

不完全なのですが、、、

イメージとしてはこんな感じです。

ちょっと、外国っぽいでしょ?

並べ方も、一定ではなく、まるいお皿あり、

木目くっきりの板もあり

高さもまちまちなものを使ってみました。

なんか、すこしワクワクしませんか?

秘蔵のロケットフィギュアも飾ったり(笑)

商品を通して

「ワクワク」

を買ってもらいたいって言うのが、BonbonROCKettの想いです。

だから、お店も陳列もちょっと散らかっている方が

いいと思うんです。